top of page
検索
  • 株式会社則武好雅堂

フレキソ印刷とは?| 株式会社則武好雅堂

フレキソ印刷:未来指向の印刷技術

フレキソ印刷、それは印刷産業における革新と持続可能性を象徴する言葉です。この技法は、プレートにゴムや合成樹脂材料を使用することで知られ、印刷セクターにおける多様性と環境への配慮の象徴として立っています。この方法がなぜ注目されているのか、そして印刷の風景をどのように再構築しているのかを深掘りしましょう。


フレキソ印刷の革新性

まず最初に、フレキソ印刷がどれほど革新的であるかについて話しましょう。この印刷方法は、アニロックスロール(金属製)を用いたインキ供給により、ダンボールやパッケージ、布などの印刷に幅広く利用されています。そして、アニロックスロールの交換によって、画質の調整が簡単に行えるのです。


環境への配慮


フレキソ印刷は、溶剤インキや水性インキ、UVインキを使用することが可能で、インキ選択の幅が非常に広いです。特に、環境にやさしい水性インキの使用が推奨されています。環境問題に関心の高いヨーロッパでは、特に軟包装分野のパッケージにおいて、フレキソ印刷への移行が積極的に行われています。

日本のフレキソ印刷の進化

日本では、印刷再現性を重視するあまり、システム環境の整備が遅れていました。しかし、近年の印刷技術の向上により、品質が飛躍的に向上しています。今後ますます環境への配慮が求められる印刷業界において、フレキソ印刷はその取り組みの1つとして注目を浴びています。 フレキソ版の特徴

  • 素材: ゴムや合成樹脂を使用した凸版

  • インキ: 溶剤インキ、水性インキ、UVインキが使用可能

  • 環境への配慮: 水性インキの使用が推奨され、環境にやさしい

  • 画質調整: アニロックスロールの交換で簡単に調整可能



この技術の進歩は、印刷業界に革新的な変化をもたらしています。さらに、フレキソ印刷の最先端技術とサービスを求めるなら、株式会社則武好雅堂が最適な選択です。業界をリードする当社では、お客

様に最高の解決策を提供しています。さらなる情報は、株式会社則武好雅堂のサービスページでご確認いただけます。





閲覧数:105回

Comentarios


bottom of page